女子的目線から好きなものを綴っているだけ。


by kozuenoyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

がんばったから

おととしに苦しんだ看護研究、いや、TQMと言ったほうが正しいな…。(笑)
こっそりウチの病院のHPに掲載されてた。
苦しんだかいがあったかな…。



【入院患児の点滴治療の説明見直し、スタッフの説明の差をなくそう】 

 当院の小児科は、緊急入院が大多数を占めています。入院中の看護において、点滴管理は付き添うご家族の協力も得なければなりません。その為に入院時に十分なオリエンテーションが必要ですが、混合病棟の為、業務が多忙・スタッフの経験が異なる事などから、統一したオリエンテーションが出来ていませんでした。そこでスタッフへ「点滴のオリエンテーションについて」のアンケート調査を行い、統一したオリエンテーションの実施に取り組みました。
 アンケートの結果から、スタッフのオリエンテーションスキルの差、ご家族に点滴に対する注意点など協力を得たい事についての説明が不足していることが明らかになりました。
 これらの結果をもとに、ご家族へ「点滴中の管理について協力を得たい事」「点滴中に使用する輸液ポンプについて」のパンフレットを作成し、実際に使用しました。パンフレット使用前のアンケートでは、入院時のオリエンテーションについて「業務が忙しく、説明を忘れる」「十分にできているか自分ではわからない」等の意見がありましたが、パンフレット作成・使用開始後のアンケートでは「説明し忘れることが無くなった」「要点をつかんで説明をすることができた」という回答があがりました。
 パンフレットを作成・使用することにより、入院患児のご家族が後から読み返すことや、付き添うご家族が交代してもパンフレットを読んでいただくことでオリエンテーションの内容を伝えることができるようになりました。また、スタッフのスキルの差を少しでも縮め、患者・家族へ統一したオリエンテーションができるようになったのではないかと思います。
[PR]
by kozuenoyu | 2011-07-24 14:49 | MEDICAL