女子的目線から好きなものを綴っているだけ。


by kozuenoyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

見送り

f0091318_1344415.jpg

叔母が北海道に帰るのをお見送り。

あぁ~!北海道行きたい!!
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-31 13:43 | DIARY

クラス会

f0091318_13412315.jpg

高校時代のクラスの子と呑みました。
4~5年ぶりとか?!

みんないい大人だった。
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-22 13:41 | DIARY

あぁ。

サボってます。
が、ワタシは元気です!

f0091318_16573613.jpg

[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-12 12:49

FRIEND

f0091318_13393583.jpg
みりんに2次元の友達ができました。
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-10 13:38 | DIARY

sea side

f0091318_1336231.jpg

あまりに暑くて、波板海岸へ…










眺めただけだけどね。
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-09 13:37 | DIARY

岩木遠足

祝!岩木遠足初参加。
チケット予約開始のあの日、早池峰山山頂から開始時間ちょうどメール送信。(笑
あの日から、楽しみにしていました。

ワタシが参加したのは「マタギコース」。去年からトレッキングを始めたというのもあるが、なんとなく響きと勢いでマタギコースに参加することにしました。


弘前駅に集合すると、かわいいクマちゃんクッキーをいただきました。
f0091318_1331589.jpg



バスに揺られること3時間。
秋田県の阿仁に到着。

マタギの里で、マタギの柴田さんのお話を聞きました。
柴田さんが座っているのは、クマの毛皮。
f0091318_13121339.jpg


クマに襲われた(ケンカした?)話など、とてもリアルでした。

お話を聞いた後は、柴田さんと共に山へ。
f0091318_13145272.jpg
f0091318_13253997.jpg


山道を少し外れ、木をかき分けて行くと…、
f0091318_1316989.jpg


クマのつめ跡がありました。
f0091318_1317744.jpg


春に青松葉山に行った際、友人のお父様から聞いたクマの話。
「クマは木登りする」っていうリアルな痕を観てしまった。
これで、人間がやられた日には、たまらんですね。


そんなこんな、いろいろな話を聞きながら進み続け、つぶ沼に到着。
お昼時間となりました。
おにぎりとお楽しみの「熊汁」です!!
f0091318_13203576.jpg


熊汁、美味しかった!!
けっこうクセがあって、ワタシにはたまらん味でした。
あ~、また食べたい…。


お昼をいただいた後は、つぶ沼の周辺を散策。
f0091318_13243673.jpg
f0091318_13245071.jpg
f0091318_13245962.jpg
f0091318_1325885.jpg



散策を終えた後、参加者のひと方がマタギ衣装を身につけていました。
おぉぉ!!と思いつつも、暑そうですね。。。
f0091318_13263754.jpg



これは、クマ牧場の暑すぎて木の上でダレテいるクマ三頭。
お気持ち、お察しいたします。(笑
f0091318_13283946.jpg



最後に、今回岩木遠足に参加し、久しぶりに遠足という懐かしい響きのもと、ふだん接することのできない文化に触れることができた。
ワタシの故郷、イワテにもマタギの文化はある。
文化というのは、日々変わっていくものなかもしれないが、変わっていないほうがいいものもある。
何の力もないワタシですが、少しでも地元の文化に貢献できたらな~とそんなことを思う今回の遠足でした。
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-08 13:01 | DIARY

さんし

f0091318_16513769.jpg


いらっさ~い!

あっという間の34years old 。

オヨヨ。(笑
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-04 16:49 | DIARY

鞍掛山

鞍掛山に行ってきました。
標高897mということで、低山なのでハイキングのほうが似合っているかも。
今回は、時計回りで、頂上経由して戻ってくるルートです。
f0091318_12373752.jpg


森の中を進んでいきます。
木漏れ日がきれいです。
f0091318_12391422.jpg


途中、ベンチがあったので一休み。
ここは開けていて、景色を眺めることができます。
でも、ガスかかってる…。
f0091318_1240329.jpg


さらに木々の中を進んでいきます。
低山となめていたが、けっこうキツイ。
f0091318_1242916.jpg


もう少しで頂上!というところで、オニヤンマに遭遇。
このオニヤンマ、ちょうど写ってないけど、お食事中でした。
f0091318_12523264.jpg


1時間半ほどで頂上へ。残念ながら、下界は見えず…。
f0091318_1246427.jpg

f0091318_12475232.jpg


あぁ、あっちにあれが見えるんだな~と思いを巡らす…。
f0091318_12491917.jpg


頂上の木にとまっていたアブラゼミ。
直で鳴声が聞こえるもんだから凄かった。
f0091318_12501873.jpg


今日のお昼は、おにぎりとマグヌードル。
おなかいっぱいになると眠くなるので、腹八分目で。
f0091318_12543132.jpg


帰りは別ルートを下山することに。
なだらかでしたが、ちょっと距離があったかな。1時間半ほどで下山。
f0091318_12561689.jpg
f0091318_12563211.jpg


低山ハイキングは気軽に行けるのが魅力。
ここなら一人でも行けるかな~と思ったが、もしクマさんが登場したら…と考えると怖いので、やはり同行者がいたほうがいいですね。
[PR]
by kozuenoyu | 2010-08-02 12:35 | trekking