女子的目線から好きなものを綴っているだけ。


by kozuenoyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

感覚ミュージアム

f0091318_19122622.jpg

f0091318_1914119.jpg


だいぶ前のことになるのだが、岩出山町にある「感覚ミュージアム」に行ってきました。

入った瞬間に独創的なモノばかりでキョロキョロする30代女性。(笑
しかも五感をフル活用を使ったもんだから、ぐったりだわおなかは減るわ。

こんな楽しいところが近くになったなんて~!!
今度は夜に行ってみたいのです。

おまけ
f0091318_19202455.jpg

[PR]
by kozuenoyu | 2011-04-20 19:21 | DIARY

無題

心と体力がなかなか伴わなくって、またもややってしまいました。

なんだかんだ言ってもやっぱり疲労には勝てなく、しばらく仕事を休んだり。
このブログも書こうかな~とログインしてみるも、やっぱり書けじまいでログオフしたり。
唯一できたのは、ワンの散歩。

さすがにこんな生活も続けていられないわけで、少しづつ復活していこうと思います。


そろそろ桜が咲いてきましたね。
今年はお花見できるかな~。
[PR]
by kozuenoyu | 2011-04-20 19:09 | oneself

3月11日記 病院にて

一応記録までに…。

More
[PR]
by kozuenoyu | 2011-04-05 16:53 | DIARY

2011年3月11日へ

東日本大震災にて被災された皆様、ご家族様に心よりお見舞いを申し上げます。


早くもあの日から3週間が経ちました。
内陸育ちのワタシですが、縁あって沿岸に家族ができ1年。
まさかの出来事でした。

家は津波と火事でなくなりました。
しかし幸い、がんばって現地入りしてくれたダンナのおかげで、震災後二日目に両親親戚の無事を知るとができました。

震災1週間後、ようやくワタシも両親に会えました。
ホントに安心しました。しかし、現実を目の当たりにしました。

父を車にのせ、自宅のあった場所近くを通る。
町ひとつが焼け焦げて、跡形もなくなっていました。

「よく見ておきなさい。これが津波の力だよ。」

父の言葉が突き刺さりました。


しばらくの間、週末は沿岸の実家に行きお手伝いをする予定です。
まだまだ、沢山行方不明の方がいたり、避難所生活が続いたり、ワタシの知り得ないところで沢山ご苦労されている方がいらっしゃると思います。

そんな時、自分に何ができるか?
いや、必ずできることがある!!

まだまだ道のりは長いけど、少しづつでも前に進んでいこう。
[PR]
by kozuenoyu | 2011-04-05 14:05 | DIARY