女子的目線から好きなものを綴っているだけ。


by kozuenoyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひょんた

アートつちざわネタの続きです。
土沢の町のいたるところに貼られていたポスター。
f0091318_11273673.jpg
f0091318_11283092.jpg
f0091318_1129975.jpg


おらの名はひょんた。
f0091318_11302678.jpg


「ひょんた」って、花巻弁で「変な」って意味で使うんだよね。
例「なんたら、その服ひょんただごど~。」みたいな。

なんか自分の中で、コレに気付いてリンクしちゃった時は、ひとりニヤニヤしてしまった。(笑
[PR]
by kozuenoyu | 2011-11-16 11:25 | DIARY

冬支度memo

f0091318_15423426.png

忘れるわけはないのだが、とりあえずmemo。

☆パタゴニアR2ジャケット シルバー
☆メガネ
☆自分用の椅子
☆リビングに置く円卓
☆アルテサニアのスカート
☆髪切りにいく
☆デニムのサロペットスカート
☆オレンジか緑色のコート
[PR]
by kozuenoyu | 2011-11-14 22:43 | girls power

百見は一行に如かず

f0091318_10571289.jpg

お久しぶりです。
生きてます。
なんだか仕事に追われ、てんてこ舞いっちんぐな毎日ですが、元気です。

先日、初体験をしてきました。
この年になると、初体験するということはなかなかなくなるもので、久しぶりにドキドキ。

「胃カメラ」です。
正しくは上部内視鏡検査。
(胃だけじゃなくて、咽頭・喉頭・食道・十二指腸もみるのでね。)

それは、突然にやってきた。
職場の健康診断。
いつもは、採血やレントゲンだけで、心配するのは、年々高くなる肝機能だけだった。(笑

しかし、今年は胃の検査の項目が・・・。
そう、理由は、お年頃だからということだそうだ。(笑

検査方法は、胃透視(バリウムのむやつ)と胃カメラの二択。
う~ん・・・。

縁あって内視鏡ナースになって1年。
いつも、「体の力抜いて~。」「今が辛いですね~。」などと患者さんに言っているものの、実際やったこともないんで、ホントに体の力を抜けるのか、そこが辛いとこなのかなんて分かってない。

もうこりゃ、胃カメラしょ。
しかも、一番辛い方法で!

*胃カメラには、挿入方法が「口から」と「鼻から」の二通りの方法があり、比較的楽だと言われているのが、「鼻から」の方法である。
鼻からのほうが、カメラの太さが3ミリほど細く、挿入時に舌に触れないので、オエッというのが少なくて済むのです。けど、カメラの画質はちょっと落ちるのよね…。

てなことで、当日。
「マジでやるの~?」なんていう、ドクターや先輩の言葉を聞きつつ、咽頭麻酔なんかも自分でやって、いざ検査へ。

「へんへい!やっはっへふははい!!」
(マウスピースを付けているので、「先生!やっちゃって下さい!」と言っている。)

開始。

辛い・・・。ここがとかじゃなくて、ずーっと辛かった・・・。
力なんて抜けない・・・。
先輩が背中さすってくれたのが、ホントに助かった・・・。
(手技は上手な先生なんだけどね。)

結果。
頑丈な胃らしい。
ピロリ菌も住み着きにくい胃とのこと。

まぁ、結果良かったです。
やっぱり百聞は一見に如かずじゃないけど、身をもってやってみないと分からないものだよね。
しかも、苦痛をしいことだったりは特になのかもしれない。

そして、ワタシは患者さんに優しくなれそうです・・・。
[PR]
by kozuenoyu | 2011-11-12 21:10 | MEDICAL
今年のアートつちざわは、二回行くことができました。
いずれも天候に恵まれ、楽しく町内を歩くことができました。
f0091318_11101280.jpg


毎回楽しい猿舘酒店。
チャロにも会えました。
f0091318_1114144.jpg
f0091318_1115221.jpg


坂を登っていくと、土沢城跡。
とても見晴らしがいいのです。
f0091318_11175512.jpg
f0091318_11191419.jpg


今回のツボ。
作品名を忘れてしまったのですが、たしか「人間の裏のココロ」だか「ホントのココロ」みたいなニュアンスじゃなかったかな~。
f0091318_11204513.jpg


今回、二回行けたわりに、二回とも時間がなくて
すべての作品を見ることができなかったのが悔やまれます。

こういうイベントはホント刺激というかなんというか、いや~ほんとに楽しいです。
[PR]
by kozuenoyu | 2011-11-02 11:07 | DIARY